平成24年5月 広島県福山市で死者7名、負傷者3名が発生したホテル火災を受けて、ホテル・旅
 館等の火災による惨事を防止するため「防火対象物に係る表示制度」を実施することになりました。
  この制度は、ホテル・旅館等からの申請に基づき消防機関が審査し、消防関係法令及び建築基準法令
 に基づく防火に関する基準に適合している場合に、消防機関から「表示マーク」を交付するものです。

表示の目的

         @ 防火管理に対する認識の高揚
   A 防火管理業務の適正化及び消防用設備等の設置及び維持管理等を促進
   B 防火基準適合状況の情報を利用者に提供「表示」を行う
   C 防火安全体制の確立を促す
   D 国民の安全・安心を推進する

対象となる建物

  ホテル・旅館等又はホテル・旅館等を有する複合用途の建物で、次のいずれにも該当するもの
   @ 収容人員が30人以上
   A 地階を除く階数が3以上

表示マークの交付

   ホテル・旅館等の関係者からの申請により消防署が審査し、消防長が表示基準に適合していると
   認める場合に表示マークが交付されます。
   また、事業所のホームページ等で表示マークの電子データを表示することができます。

   





初回は銀の表示マーク

(有効期間は1年間)






3年間継続して基準に適用

の場合は金の表示マーク

(有効期間は3年


申 請

   申請には「表示マーク交付(更新)申請書 」 に以下の添付書類(写し)が必要となります。
 
   @ 防火対象物定期点検報告書又は防火対象物点検報告特例認定通知書
   A 消防用設備等点検結果報告書
   B 危険物製造所等定期点検記録表
   C 建築基準法第12条に基づく定期調査報告書

防火対象物定期点検制度及び自主点検報告制度
   防火対象物定期点検報告制度は、一定規模以上の火災危険性が特に高い対象物に対して有資格者
  による法令での点検義務を課したものであり、本制度(表示制度)とは制度の趣旨が異なるため、
  その義務は継続して行うこととなりますので、特例認定の更新は必ず行ってください。
   
   
ただし、防火対象物定期点検報告制度対象外の施設が行う「自主点検報告表示制度」は廃止と
  なりました。

表示マーク交付対象物の公表
   網走地区消防組合のホームページで、交付事業所一覧表を掲載します。

表示マークの不適切使用
   表示マークを偽って使用したなどの場合、不正競争防止法第2条第1項第13号の誤認惹起行為
  (役務やその広告等の質、内容等について誤解させるような表示をする行為)に該当するおそれが
  あります。

申請の受付及び交付の開始
   表示マーク交付申請ができるのは、平成26年4月1日からです。
   表示マークの交付(掲出)開始は、平成26年8月1日からです。

総務省消防庁HP
      表示制度説明用ページ
    
http://www.fdma.go.jp/kasai_yobo/hyoujiseido/index.html




Copyright(C)2008 Abashiri Fire Department. All Rights Reserved.
*Template Design by Nikukyu-Punch*